テーマ:美術館

「渦巻くかたち」を発見:ManchesterArt Gallery 

2015.4.15(水)   渦巻くかたちには幸せの種が潜んでいる。美術館でも渦巻くかたちを見つける。 太い真鍮の手すりをなんどもさわっていいなあと思う。蒔絵の徳川将軍の籠があり、そこに渦巻くかたちをみつける。 日本の工芸品を海外で見ると格別のうれしさと誇らしさを感じる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Manchester Art Gallery

2015.4.15(水) 昨日、町を散策しいて植物がアートのように植わっている建物を発見。近づいたらマンチェスター私立美術館。若い桜もひっそりと咲いていた。素敵! やはりこれは、The Lost Gardens of Manchester「マンチェスターの失われた庭」という、ナショナルトラストの庭師。ショーン・ハーキンがボラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺美術館のワークショップ 紙版画

26.12.13(土) 紙版画でクリスマスカードを作ろうというワークショップで初めて紙版画を作った。 エメとソラの写真を見て下絵を描き、その上から針の付いたペンで削る。 全体を黒くしたいときは1枚紙をめくってしまう。グレーにしたいときは紙やすりでこする。紙を輪郭で切りとってしまってもよい。インクを塗り表面のインクを拭き取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月を愛づる」 横山大観美術館

26.10.4(土)  開催は12/14日まで 今回は月をテーマに絵が展示されていました。 親しい方をお通しするという客間にかかっていた「月下逍遥」がすばらしかった。 写真はカタログから写しましたので絵は違っています。 庭にせり出した客間には「むさしの」が下がっていました。ふくろうが竹に止まって夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「楽園としての芸術」:東京都美術館

26.10.4(土)  ダウン症など障害のある方々の作品展です。 しょうぶ学園(鹿児島)で製作された作品に感動しました。特に濱田幹雄さんのはがき大の小品から、たたみ大の大きな作品まで全てがすばらしかった。家に持って帰りたいと思うのがありました。 野間口桂介さんのシャツは一針一針糸を刺して布を縮めてありおしゃれでした。ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「水の貌」六田知弘個展:加島美術

26.9.17(水)  半蔵門のJCIIフォトサロンでの笹本恒子さんの「100人の女性たち」を見に行ったおりに会場でチラシを拝見したので、その足で京橋の加島美術へ向かった。 ギャラリーは静謐で、自然の中に立っているようなさわやかな風を感じました。 感動しました。 写真からマイナスイオンがでているのでしょうか?心地よいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬島精錬所美術館 犬島

26.9.7(日) 自然のエネルギーを活かし環境に負荷を与えないよう設計された三分一博志の建築と日本の近代化のあり方に警鐘を鳴らした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典のアートワークで構成されています。と説明がありました。 美術館は通路の先が明るく光って窓が見えました。その長いトンネルのような通路をその光の窓を目指し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地中美術館」 直島

26.9.7(日) チケット売り場から美術館までの花と池の小道がいい。 モネが好んで植えていた植物をベースに植えた「地中の庭」ですが、地上にありました。 美術館は3人のアーティストの作品の部屋がありました。 ジェームズ・ダレルがいい。 「オープン・スカイ」は壁に沿って作られたベンチに座り、天井の穴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセハウスミュージアム 直島

26.9.7(日)「アートワークス」ベネッセハウスミュージアム 直島 朝一番のバスを降りてミュージアムまで、草間弥生、カレル・アパル、ニキ・ド・サンファール等の作品を見ながら15分ほどの早朝の散策は爽やか。草間弥生のかぼちゃが一番いいなぁ・・・。自然と一体となって美しい。 入り口のレセプションカウンターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イサムノグチ庭園美術館

26.9.6(土)イサムノグチ庭園美術館 高松から琴電に載って八栗で下車して25分ほど歩いた. 道すがら石工の工房が多い。歩いている人は一人もいなかったが、美術館の受付棟に着くともうすでに10時の予約の人たちは大勢いた。 ここでは彫刻たちがのびのびと気持ちよさそうだ。移築したという蔵の中に展示されていた「真夜中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美術は友だち」香川県立ミュージアム

26.9.5(金)「美術は友だち」香川県立ミュージアム たくさんの作品がありました。 エンリコ・カステラーニ「白の表面№17」 猪熊弦一郎の「自由」「人と猫」 江戸健の「遥かな国」 岩倉壽「小豆島の窓」 寺本郷史「大潮」 田中岑「しずかなもの」に感動しました。 イサムノグチノの作品もたくさん展示されていましたが、作品が窮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーティストデイ 荻須高徳展 現代の書 新春展

2012.01.08 第二日曜日はアーティストディ 荻須高徳展 パリの街の絵はいいなあ・・・パリを歩いているような気になりました。ベネチィアの絵もありましたがやはり荻須はパリでしょ。肖像画も良かったです。 三越日本橋美術館=企画が良い、交通の便が良い★★  ~16日まで生誕110年記念 荻須高徳展~憧れのパリ、煌めきの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more