Manchester Brittania Hotel

2015.4.14(火)

ホテルは、Manchesterの駅から歩いても5分ほどの町の中心にあった。クラッシックな大きな外観の中に入ると、正面に階段がある。最上階まで階段の吹く抜けが続く、これが楕円だったら「渦巻くかたち」発見とうれしくなるのに残念。でも、はるか上まで続いて見えるのは圧巻。

事前に日本で調べる時間がなかったので、部屋に落ち着くとすぐに、ここで何を見るかをネットでチェックした。PCが部屋で使え、早くつながるのがうれしい。寒くなったので、パネルヒーターのスイッチを入れようとしたが動かない。フロントに話すと、シングルでチェックインしたが、同じ階のツインの部屋に変えてくれた。

ラッキーと移動したが、ここもヒーターが動かない。廊下にいたハウスキーパーの女性に話すと、今度は可動のパネルヒーターデンロギを持ってきた。それをシングルの部屋に持ってくればすんだことなにに。でも、私にとっては、ラッキー。広い部屋に変われて、お茶もタオルも二人分あるのがうれしい。

部屋の床は音がしないが、浴室を歩くとミシミシと音がする。夜中はちょっと不気味。

私がホテルに望むのは、禁煙室、バスタブ付き、窓が開放できるなど。12年前に、町のクリスマスのイルミネーションと美術館を見て歩こうと思い立ち、フランスを転々と1ヶ月ほど旅をした。地球の歩き方に載っているホテルの安いランクを移動しながら予約した。もちろんホテルはシャワーのみ。帰国し初めてひどく体調を崩した。それからは、バスタブに浸からなければ、疲れは取れないと思い、ホテルはバスタブ付きに。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック