Nantwith

2015.4.10(金)

今日はMさん、Sさんと3人でNantwithへ行こうと言っていたが、今朝のテレビのニュースで、空気が悪いので外出を控えるようにと言っていたので、私は出かけられないと、Mさんはお留守番。Mさんの友人のSさんと2人で出かけた。同じフラットの4人も一緒のバスだった。みんな70代かしら・・みんなでおしゃべりをしてにぎやかだ。

バスは途中の集落に寄りながら走る。
声をかけられたようで、バスは村で乗客を待っていた。やっと来たと思ったら、一人の母親が何か忘れ物をしたらしい。バスに乗ろうとしたが戻ってしまった。聞こえないが外で男の子は、バスの運転手に発車してはだめだということを言っているようだ。長く待つので運転手は、からかってバスを少し動かす。男の子はすごく怒って口を尖らせて運転手に文句を言う。また運転手が少しバスを動かす。そこに母親が戻りバスに乗った。でも、男の子は泣いてバスに乗らず戻ってしまった。母親の叱るような声で呼ばれて、息子は戻ってバスにのった。母親は、待たせた侘びもせずに、息子を窓側に座られて、自分もどかっと座った。親子で話もしないので、息子は、黙って窓の外をずっと見ていた。今どんな気持ちなのかな・・「良く待っていたね」とひとこと言ってあげたいような気持ちだ。

Nantwithの教会の膝あてクッションは、みな違う絵柄で美しい刺繍が施されていた。全てを、写真に撮っておきたいようだ。どんな人が作ったのかな・・・

町で、男性が砂で犬を作っていた。壊してしまうのがもったいないような出来だ
古いバットレスの伝統建築物は、銀行、パブ、レストランなどに使われていた。バス停前の建物は、高齢者のClubと書いてあり、高齢者が集まり何かしていた。

公園は黄色の水仙が満開だ。香りがするから水仙と思っていたのに、まったく香らず、ただ黄色いだけの水仙。ちょっと変な感じ。双子の乳母車を押すママさん同士を見るのは、はじめて。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック