東山魁夷 わが愛しのコレクション展  日本橋三越

2015.01.11(日)

以前、司馬遼太郎のコレクション展を見た。
私が好きな画家、秋野不矩、三岸節子、須田剋太の見たことのないすばらしい絵があった。。持って帰りたいような絵だった。
会場を去りがたかった記憶があったので、東山魁夷のコレクション展もぜひ見たいと思った。

とても古い時代の仏頭、馬頭、花瓶、抹茶茶碗、みな上品で凛とした美しさだ。写真などで拝見する彼のいつも柔和でさわやかな感じと重なった。

旅先で買い求めたと言う小さい人形などが沢山並んでいた。とてもかわいらしい。古い時代のコレクションとの差に人間味を感じた。

絵の具の引き出しの中には整然と絵の具が並んでいた。300色以上あったのではないかしら・・・緑から青系の絵の具が最も多く何段もあった。
スケッチが拝見できたのがうれしかった。

絶筆と言う絵をみた。それは、彼のお墓の写真を見たときのバックの景色とそっくりだった。好き絵を描いたところにお墓をつくったのかしら・・・
彼のお墓は素敵だった。私もこのような墓がいいなと思ったのを思い出した。

画像

                  「窓辺によせて」1934年頃

          
画像

                  「冬支度」1975年

画像

                  絶筆「夕星」1999年

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック