吉祥寺美術館のワークショップ 紙版画

26.12.13(土)

紙版画でクリスマスカードを作ろうというワークショップで初めて紙版画を作った。

エメとソラの写真を見て下絵を描き、その上から針の付いたペンで削る。
全体を黒くしたいときは1枚紙をめくってしまう。グレーにしたいときは紙やすりでこする。紙を輪郭で切りとってしまってもよい。インクを塗り表面のインクを拭き取る。(この拭き取る作業が大事だったと後で知る。)湿らせた和紙にローラーで圧縮して出来上がり。

最初にエメとソラの寝ている絵を、次にエメの立っている絵、そして、エメが箱に入っているのを刷った。最後のがシンプルで一番紙版画らしいとおっしゃった先生の言葉にもう一枚と下絵を描いたが3時間半で時間切れとなり版画には出来なかった。

紙版画は紙なので沢山は刷れないという。
拭き取るときのインクの残し具合で出来が変わってくるので、1枚で刷りをいろいろ試したほうが納得いく作品ができたかもしれない。

木版画と逆で凹面にインクを入れるので圧縮ローラーがないと自宅では刷れないのが残念。

画像

画像


画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック