ベネッセハウスミュージアム 直島

26.9.7(日)「アートワークス」ベネッセハウスミュージアム 直島
朝一番のバスを降りてミュージアムまで、草間弥生、カレル・アパル、ニキ・ド・サンファール等の作品を見ながら15分ほどの早朝の散策は爽やか。草間弥生のかぼちゃが一番いいなぁ・・・。自然と一体となって美しい。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


入り口のレセプションカウンターの背後の壁にあった柳幸典「ワン・ダラー」
このミュージアムで最初に見たアートにこころ奪われました。
美術館は3層にわたって沢山作品がありました。
中でもジャスパー・ジョーンズ「ホワイト・アルファベット」
ジャクソン・ポロック「黒と白の連続」
リチャード・「瀬戸内海のエイヴォン川の泥の輪」
ドナルド・ジャッド「無題」は感動しました。
画像

画像


ここでは全ての作品がのびのびと息づいていました。この建物自体が安藤忠雄の作品でした。また作品に合いに来たい美術館です。

飛行機の隣席の高松人が、ベネッセホテルには宿泊者しか見られないアートがあると話してくれましたが、そんなことってあるのでしょうか?
確かにミュージアムはホテルと一体となっていてここからは宿泊客オンリーと書いた立て札は見ましたが・・・
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック