「楽園としての芸術」:東京都美術館

26.10.4(土) 

ダウン症など障害のある方々の作品展です。
しょうぶ学園(鹿児島)で製作された作品に感動しました。特に濱田幹雄さんのはがき大の小品から、たたみ大の大きな作品まで全てがすばらしかった。家に持って帰りたいと思うのがありました。
画像


野間口桂介さんのシャツは一針一針糸を刺して布を縮めてありおしゃれでした。ミヤケイッセイのプリーツプリーツのようですが、ナチュラルで色も美しく、もっともっと素敵でした。きっと着たら楽しくなってしまうだろうと思いました。
画像

印刷物を写真にしたので色が悪いすが、本物は数倍も美しかったです。ミュージアムショップに販売しているものもあるとのことでしたが会期も終わりちかいので無理でした。

鹿児島にあるしょうぶ学園へ行ってみたくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック